ケイ・ドリーム

ここなら何でもできそう?ケイ・ドリーム

軽を売るのも買うのもここなら安心というお店がケイ・ドリームです。
新車購入、中古車購入など色々な購入ができます。
例えば新車の軽を購入する時、色々な物がコミコミで、定額月々1万円で乗れるという新車パックもあります。

例えば人気の軽自動車を、自動車税込、自賠責込、諸経費込みで月々1万円です。(頭金なし、ボーナス時、年2回6万位プラス)
このリース契約に2000円プラスすると全部おまかせセットがつくのです。
全部おまかせセットというのは車両代金と税金、諸費用、プラスメンテナンスパッケージがセットになっているという事です。

自動車税は7年分、自賠責保険も7年分、重量税は購入時と車検時の分、またメンテナンスは継続車検が2回、法定点検が4回、スケジュール点検が7回、オイルエレメント交換が7回・・・などその他含めて充実の7年間分がパッケージされていて、これをローンに組み込むことができるのです。

中古車を車種で購入するのも楽々

中古車を車種で購入するのも楽々です。
インターネットからも選ぶことができ、メーカーやブランド、車名、ボディタイプ、ミッション、年式、走行距離、価格帯など様々な検索が可能です。
多くの中古車を保有しているので、常に何百台もの中から選ぶことができます。

中古車が欲しい・・・という時、このケイ・ドリームのホームページを見ると、迷ってしまうくらいに沢山の車を見ることができます。
もちろん店舗でも相談できますので一度相談してみるといいでしょう。

車を売りたい時も

愛車を売ろうという時にもこの店が便利です。
どうしても現金が必要なとき、冠婚葬祭で費用が必要という時もあります。
転勤などで車に乗らなくなるという事もあるし、結婚で1台車が不必要になるという事もあります。
そんな時、ケイ・ドリームに相談してみるといいでしょう。

結構古い車だから、あまり高い金額では売れないんじゃないか?と思っている方も、まずは相談です。
専門のスタッフがいますので、ケイ・ドリームでは「お客様のお車をお金に換えてみせます」といってくれています。

また100万の軽自動車でも、1000万クラスの自動車でも「即金支払」してくれるというのがケイ・ドリームです。
軽自動車、外車など買取りしてくれるので、まずは相談してみるといいでしょう。
オンライン無料査定フォームもありますのでここでいくらくらいになるか試算してみるのもオススメです。

車検も激安

自社認証工場を完備しているので、車検も激安です。
軽自動車なら総額5万円弱で車検可能です。

普通自動車、中型クラスでも73000円位、大型も8万円位で車検できます。
車検も安い、新車購入も、中古車購入もサービス満点です。

ガリバー ミニクル

軽が好きという人なら知っておきたいガリバーミニクル

軽が好きという人、多いです。
街中でもすいすい走りますし、昔は坂道に弱いといわれたし、高速道路も疲れてしまうといわれていたのですが、今の軽は走ります。
坂道も楽々ですし、高速道路も長旅も疲労するという事もありません。
自動車技術が向上し、燃費も良くなったし、街中でもどこでも便利に走る事が出来る軽自動車は、庶民の味方です。

何より税金が安い、車検もそれほど大きな費用がかからないという点が、まさしく庶民の味方ですし、運転が苦手なママでも安心して乗る事が出来るコンパクトな大きさが魅力です。
さてそんな軽自動車、それも未使用車専門店があるのをご存知でしょうか。
ガリバーミニクルという日本大災級の在庫を保持するお店です。

未使用車って何だろう?

未使用車って聞きなれない言葉ですが、未使用車というのはナンバー登録を一度だけ行っている車、つまり新車に近い車です。
よく新しい車やマイナーチェンジの車が登場すると、ディーラーのお店の前にその新しい車が展示されています。

その車の事です。
電化店でも展示品につき値下げしますとメッセージがかかれた電化製品がありますが、展示して板だけで問題は何もない商品です。
未使用車も同じで、展示されているだけで問題なく、新車同様に利用できる車という事です。

しかし一度ナンバー登録していて、展示していたという事は、新車を購入し納車するという事とまた違います。
そのため、新車と同じようなものでもお値段が低くなるのです。
新車から未使用車になったという時こそ、車の値段が最も下がる時なのです。

未使用車の中には30万円近く下がるものもあります。
高品質の軽、でも安く購入できる、これが未使用車です。

買取りもしてくれています

ガリバーミニクルは未使用車を扱うお店ですが、買取りもしています。
インターネットから簡易的に中古車引き取りの費用を出すこともできます。
メーカー名と車種名、年式、走行距離を入れるのみです。

車の売却手続きというのはなんだか難しそうと思ってなかなか売りに出せない方も多いのですが、ガリバーミニクルならしっかり手続してくれます。
距離も相当走っているし、年式も古いから売れないだろうという人もいますが、実は十分買取り対象になるといいます。

近頃の車は非常に頑丈になっていて古いといっても使えないという事は、ほとんどありません。
もしかしたら高額になるかもしれない?と考えてガリバーミニクルに相談しに行きましょう。

丁寧にしっかり話を聞いてくれる、そんなお店です。
軽が欲しいなと思う時、まず、ガリバーミニクルで確認してみるといいでしょう。
新車同様のお車がものすごく安く手に入るかもしれません。

買取と下取、どっちがお得?

3つの選択がある

現在乗っている車を買い換えようという場合、大きく3つの選択肢があります。
まずは車を廃車として新しい車を購入する方法です。
これは特別な理由がない限り選択する必要は薄いといえるでしょう。

次に、買取業者に売却し、それを購入資金として次の車を購入する方法です。
そしてもう一つが、下取りを行ってもらうことによって次の車の購入費用を安くするというものです。
ここでは、この買取と下取、どちらの方がユーザーにとって得なのか、ということについて考えてみましょう。

それぞれのメリット

とはいっても、この2つに明確な有利不利があるわけではありません。
状況によって得になるものが違うためです。

下取りの場合はそれぞれのディーラーが下取り価格を設定しており、その分が次の車の価格から差し引いて計算されることになります。
こちらの場合、下取りを行う場所と購入を行う場所が同じであるため、手間を省くことが可能です。
さらに、購入の際に引渡しを行なうことになるため、車のない空白期間が存在しないのもポイントの一つとなります。
裏を返せば、欲しい車がない場所では利用することができません。

対して買取は買取業者に直接買い取ってもらうという方法であり、次の買い替えを行わない場合でも利用が可能です。
こちらの場合、装備やオプションなども査定の対象となるため、思っていた以上の買取価格が提示されることも少なくありません。
下取りが減点査定を行うのに対して、こちらは加点査定も行うというのが特徴となっています。

全体を平均してみると、単純に価格だけならば買取業者の方が有利である傾向があります。
ただ、ディーラーに比べてムラが多い業界であるため、利用先をしっかり選択しなければ損をしてしまう可能性があることに注意しなければなりません。

中古車選びのコツ

諸費用の確認

中古車を選ぶ場合、まずは「諸費用」について注意をしておく必要があります。
これは中古車販売業者の一つの流れとして、本体価格自体は安く設定しておいてマーケティングを行い、購入時に掛かる諸費用を大きくすることによって利益を得る形式が増えていることが関係しています。
具体的には登録手数料や納車費用、法定費用などがこれに該当します。
実際の費用通りの請求が行われているのであれば問題はありませんが、実際の費用以上の金額が諸費用として請求されている場合、業者による取り分が多い可能性があるため注意しなければなりません。

こういうケースが考えられるため、中古車を購入する場合の最大のコツとなるのは「業者選び」に注意することだと言えます。
誠実で良い対応をしてくれる業者を選び、ほんとうの意味で有利な購入を目指すことが重要になるでしょう。
購入時の諸費用のなかに、一見して何のために利用されているか不明瞭な名目があった場合、必ずそれが何かを聞くようにします。

説明を聞いても不可解なままであれば、そこを利用するのは避けた方が無難でしょう。
後から金額が増えて結果経費の節約が行えないといったトラブルになる可能性があります。

事故車の定義

もう一つ、中古車購入時に注意しなければならないのが「事故車」です。
実は中古車を販売する際、事故歴を記載する必要はありません。
記載する必要があるのは「修復歴」だけで、これも重要なパーツが損傷し修復された場合にのみ記載が行われます。

基準については細かくは申し上げませんが、基本的にボルトやネジなどによって留まっている部分を取り替えていたとしても、それは修復としては認められない場合が多い点に注意が必要です。
板金などの交換や溶接を行った場合には修復歴となり、こちらは記載をする必要があります。
特に軽自動車は細かい点においても安全性が問われることになるため、注意して選びましょう。

日産

ディーラーを比較する

日産もトヨタなどと同じく、独自の軽自動車の開発生産は行っていません。
販売されているデイズシリーズ、モコ、クリッパーリオ、いずれもスズキないしは三菱からのOEM提供によって生産販売が行われている車となっています。
そのため、日産の軽自動車の場合においても他の例と同じく、ディーラーなどを比較してどちらを利用するのかを検討するのが良いでしょう。

まずはデイズシリーズについて紹介します。
デイズシリーズにはノーマルのデイズと、デイズルークスという2つの種類があります。
デイズはクーペ系で、デイズルークスはバン系のデザインが採用されています。
流線型が美しいデイズと、角が美しく洗練されているデイズルークスは同シリーズでありながら対比的な特徴を持っています。

デイズは三菱自動車のeKからのOEM提供車であり、デイズルークスは同社eKスペースからのOEM提供車となっています。
ロゴ以外は基本的に同じものです。

デイズは最大30キロメートルパーリッターの燃費を実現している高燃費の車であり、ランニングコストに優れています。
デイズルークスは車体の大きさや重さなどからデイズに比べると低いものの、それでも22.6キロメートルパーリッターという水準の燃費を実現しており、決して低燃費というわけではありません。

モコとクリッパーリオ

それでは、次に「モコ」について紹介します。
モコはスズキのMRワゴンからのOEM提供車となっています。
タイプとしてはトールワゴンに分類され、軽自動車としては車内空間が広く作られているのが特徴の一つです。

高い燃費からエコカー免税の対象であり、ランニングコスト、購入費用面においても優れています。
可愛らしいデザインのカラーラインナップもあり、女性にも人気が高い車種です。

最後に「クリッパーリオ」についてです。
クリッパーリオは初代が三菱、二代目がスズキからOEM提供を受けている車種です。
比較的大型のバンタイプであり、レジャー利用を想定した1台です。

三菱

電気自動車にも力を入れている

ランサーシリーズやデリカシリーズなどの生産で一時代を築いたことで知られているのが三菱自動車です。
最近では電気自動車の開発にも力を入れており、もう一度新しい時代を作ってくれることが期待されています。
それでは、そんな三菱からはどのような軽自動車が販売されているでしょうか?

三菱から販売されている軽自動車は「eKシリーズ」と「タウンボックス」の2つとなります。
スズキやダイハツなどに比べると積極的ではないものの、自社開発を行っているという点ではトヨタなどに比べると注力していることがわかります。
それでは、それぞれのラインナップについて見てみましょう。

eKとタウンボックス

まず「eKシリーズ」についてです。
こちらはeKワゴン、eKカスタム、eKスペース、eKスペースカスタムの4つの種類が販売されています。

eKワゴンは予防安全性能評価においてASVという先進安全車の評価を受けており、軽自動車のネックである安全性を向上させることに成功しています。
燃費も最大で30キロメートルパーリッターを実現するなど、軽自動車として高い水準にある1台といえるでしょう。

eKカスタムはエクステリアデザインを洗練させ、スポーツタイプを意識したイメージとなっています。
燃費面においてはeKワゴンと大きく変わらず、最大で30キロメートルパーリッターである部分も同じです。
3B20 MIVECという独自のエンジンを搭載することによって、燃費や環境性能の向上、さらに動力性能の向上にも成功しています。

eKスペースは名前の通り、空間を広げることに注目したeKシリーズです。
軽自動車としては車内が広く使えるため居住性が高く、運転者にとっても同乗者にとっても負担を感じにくい造りとなっています。
燃費は最大で26.2キロメートルパーリッターという高水準で両立を実現しています。

もう一つは、「タウンボックス」です。
こちらは燃費こそ最大16.2キロメートルパーリッターと控えめであるものの、軽自動車にしては最大級の車内空間を実現しています。

Page 1 of 41234»

Inset Column Widgets

Welcome to the Inset Column for the Evening Shade theme. As some people like to have a third column sidebar, the Inset column will provide you with that option which you can also disable anytime you want from the theme settings.

サイトメニュー

おすすめ